【レビュー】低価格で楽しめるスマホ用VR「Canbor VR ゴーグル」は本格的VRゴーグルだった!

SHARE

【レビュー】低価格で楽しめるスマホ用VR「Canbor VR ゴーグル」は本格的VRゴーグルだった!

ども!「HATO_zone」管理人のHATOです。

VR業界はどんどん盛り上がりを見せる一方ですが、筆者は雑誌などの付録で段ボールや紙でできるスマホ用VRゴーグルを使ったことがある程度のVR初心者であり、正直に言ってその商品は「ん~微妙…」と感じたのがVRに手を付けなかった理由でもあります。

そんな感じの筆者がVRにハマってしまいそうな物をいただいたので、手軽にスマホ用VRが楽しめると紹介されている「三世代 Canbor VR ゴーグル」をレビューしたいと思います。

VR体験までの流れ

まずは、お持ちのスマホでVR動画を検索します。この時Youtubeで検索するとVR対応の動画がたくさんヒットするのでお勧めです。

そして、本体のVRヘッドセットの前面をパカっと開いて、スマホを装着。
この時スマホの大きさに合わせることができる調整フォルダがあるのである程度の大きさまでは対応しています(下記参照)

以上でVRが体験できます。めっちゃ楽!

このVRゴーグルでホラー映像を見た結果がヤバかった…

リアル感が半端じゃなかったです...

1人で視聴していたんですが、本当に怖すぎて途中でゴーグル外しました(笑)

それぐらい、音と映像の迫力がVRにはありました。

このVRゴーグルには「非球面ブルーライトカットPMMA樹脂光学レンズ」というものがついていて、覗くとスマホの画面が少し丸みを帯びたように見え、その現象がリアル感を増す役割となっていました。

これがあるのとないのとでは見える映像の迫力がまったく違うと思いました。

また、どうしてもVRゴーグルはスマホの光をまじかに見るので目の心配がありますが、ブルーライトカットという目に優しい仕様になっているのもとてもいいと思いました。

ヘッドセットなのでライブ映像もいい!

ヘッドセットなので内蔵イヤホンを接続すると耳に装着しているヘッドホンから音が聞こえます。

このヘッドホンのおかげで、360度どこから音が出ているのか認識できてライブ映像なんかはとっても感動しました(笑)

VRゴーグルに内蔵してあるプラグを差し込むとヘッドホンとして使用でき、臨場感が増します。

参考

大原櫻子 / Happy Days【めざましライブ 360°VR Video】(2016)Youtube

ホラー映像もこれのせいで恐怖感倍増…

HATO

仕様、対応機種

本体重量 410g
スクリーン解像度 1080p
カラー 白のみ

対応機種は

  • iPhone 8 / 7 / 7s / 6s / 6 / 6s plus
  • Samsung Galaxy S7 / S6 / S5 / S4
  • Note5
  • Note4
  • Sony Xperia Z3 / Z4 / Z5
  • LG MOTO and more

4.7~6.2インチまでのスマートフォンであれば対応しているようです。

注意
筆者は対応機種に存在しないiPhone 5sで試しましたが、調整を一番小さくすることでセット可能になりました。しかし、iPhone 5s でVRを見ると視界にホームボタンと、内カメラなどが視界に入って気になってしまう方もいると思うのでご注意ください。

おすすめする購入者

  • とにかくVR動画を手軽に楽しみたい
  • 安くてクオリティの高いVRゴーグルが欲しい

という方ならとても満足する商品だと思います。

私もこの商品が届いてから、数十本のVR動画、VRアプリを試していますが感動しっぱなしです。

ホラーは相変わらず怖くてなかなか見れませんが…

三世代 Canbor VR ゴーグルの評価
映像のクオリティ
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
価格
(4.0)
音質
(4.0)
満足度(総合評価)
(4.5)
Youtubeの動画履歴がVRだらけになったよ

HATO