【COD:WW2】FPSゲーマーが紹介するおすすめアタッチメント【ライフル編】

SHARE

【COD:WW2】FPSゲーマーが紹介するおすすめアタッチメント【ライフル編】

BO2までは毎日FPSをプレイし、BO3以降BFに浮気をしていた筆者ですが、今作「COD:WW2」をプレイしてみたところまたもやドハマリしてしまいました。

今回は、筆者個人的アサルトライフル(AR)のおすすめアタッチメントを紹介したいと思います。

注意
アップデートにより弱体化などが予想されますのであくまでおすすめとして捉えていただけると嬉しいです。アップデート毎に変更があった場合更新していきたいと思います。

M1941

この武器の特徴として、ライフルの中で一番高いレートを持っているところです。遠距離で戦うことは難しく、その高レートな性能を武器に近~中距離を意識して戦うといいと思います。

筆者はライフルの中でもこの銃が1番好きです。

おすすめアタッチメント

クイックドロー・グリップ・拡張マガジン・ステディエイム

近~中距離での戦闘が多い分、クイックドローは必須であり、持ち味の高レートを制御しやすくするためにグリップを取り付けることをお勧めします。

M1941は右方向にブレることがありました。グリップ無しと有りでは扱いやすさに結構な差が生まれる印象だったのでつけることをお勧めします。

また、近距離で戦うことも多いのでステディエイムとの相性は抜群だと思いました。

ラピッドファイアを取り付けて戦ってみたところ、元々高レートなので使ってみた感じは微妙。あまりラピッドファイアの恩恵を感じられませんでした。

サイトをつけてしまうと一つアタッチメントをなくさなければならないので拡張マガジンを消しても構いません。

アドバンスライフルを装着しなかった理由も近~中距離を目安に戦うので射程距離を伸ばしても制御しずらいのであまり意味ないと判断しました。

長所
ライフルの中でも1番速い連射力。
短所
見にくいアイアンサイトサイト。リフレックスサイトをつけるとアタッチメント枠を1つなくしてしまう。

M1 ガーランド

大体の距離を2発でキルすることができる銃ですが、師団の「歩兵」をプレステージすることによって手に入る「SVT-40」も2発キルできます。

この2つの違いとして「M1 ガーランド」は『射程距離がSVT-40より劣るが、連射速度は勝っている。』

「SVT-40」は『射程距離はM1ガーランドよりあるが、連射速度は劣っている。』という違いを持ちます。

おすすめアタッチメント

グリップ・ラピファ・拡張マガジン

グリップを取り付ける理由として、反動が大きく、連射速度が早いこの銃を抑えるには必須であるから。

またラピッドファイアをつけたのは近くの敵がより早く溶けてしまったことに驚いたのでお勧めしたいと思います。2発でキルできるのでラピッドファイアをつけることでだいぶ早く敵を倒せます。ラピッドファイアをつけても素直に反動が上へ行くので胴体に照準を当てれば何となくヘッドショットも狙えるといった感じです。そこに魅力を感じたのでお勧めです。

拡張マガジンはつけなくてもいいです。私がこの銃を使うとき、1人倒したら念のためリロードという感じの戦い方になったので拡張マガジンはあまり必要ではありません。

しかし、このM1ガーランドは被弾時のひるみにめっぽう弱い印象があります。敵と打ち合っていると銃口が上に行ってしまってなかなか当てられないという場面が多々ありました。なのであまりエイム力に自信がない人は拡張マガジンをつけたほうが良いかもしれません。

また、基礎トレーニングの「プライム(被弾時のひるみを軽減、アタッチメントをもう一つつけれる)」を装備することをお勧めします。なので必然的にアタッチメントが4つ装着できるので拡張マガジンを取り付けることもできます。

長所
2発で倒せるかつ、連射速度が速い。
短所
装弾数が8発という少なさ。ブレが大きい。


スポンサーリンク

STG44

威力はそこまで高くないが、反動は安定していて、なおかつライフルの中では2番目の連射速度を持つという武器。ライフルの中では人気No.1である武器です。

なんといっても「使いやすい」があてはまる武器なのではないでしょうか。近距離も連射速度で何とかカバーでき、安定感のあるブレで中~遠距離も難なくこなせる。

おすすめアタッチメント

グリップ・大口径・ステディエイム・ラピッドファイア

もともとブレが小さいので扱いに慣れている方にはフリップは必要ないとおもいます。ですが、遠距離の敵と戦いやすくするために装着しました。

近距離~中距離で戦いたいという人はラピッドファイアをつけるといいと思います。今作は腰うちの精度がいいためラピッドファイアをつけることでサブマシンガンとも戦えるようになるのでお勧めです。

また同じようにステディエイムをつけることで腰うちの精度がより増して、SMG対策にもなります。

人気No.1だけあってサイトも見やすいので1つアタッチメントをつけれるのも良い点です。

長所
ブレがなんといっても扱いやすい。誰もが使いやすい銃。
短所
短所という短所はないが、あえて言うならば連射速度がそこそこ。

M1A1カービン

単発銃の中でも1番ブレの少なく、連射速度も早い銃。その分ダメージは低い。

大体の距離は3発キルができる。これは好みの別れる武器なのではないかと思いました。筆者はあまり好きではない…

おすすめアタッチメント

アドバンスライフル・ラピッドファイア・グリップ

アドバンスライフルをつけた理由として、中~遠距離を得意とするこの武器は大体の距離は3発で倒せますが、3発距離を過ぎてしまうと途端に当てても死なない印象が残りました。

単発銃で4発当てなければいけないというのはとてもエイム力が試されるのでアドバンスライフルをつけることによって射程距離を伸ばそうという試みです。

ラピッドファイアは、近距離でも3発当てなければいけないという弱点を克服するために装着しました。

最後のグリップはお好みでつけて構いません。ブレは少ないのでそこまで必要ありません。ラピッドファイアをつけると遠距離の敵でも速く打ちすぎて狙いが定まらなくなってしまう人はつけるといいと思います。

長所
ブレが少なく、連射速度も比較的早い。
短所
威力が低いことがかなり好みを分けそうな点。

FG42

連射速度はオートライフルの中でも一番遅いが、その分高火力。そんな特徴を持つ銃ですが、個人的にライフルの中で2番目に好きな銃です。

おすすめアタッチメント

大口径・拡張マガジン・グリップ

FG44に大口径をつけると大体の距離が1発頭、1発体の計2発で倒せます。エイムに自信がある場合は取り付けるといいでしょう。

この銃の欠点としてリロードが遅く、ライフルの中でも装填する弾が20発と少ない。なのでこの2つの欠点を補うために拡張マガジンを付けました。

そしてこの銃はブレが大きいのでグリップが必要だと思いました。比較的真上にブレが行くのですが、たまに右にブレます。(これが厄介…)制御はしやすいと思いますがグリップをつけると右ブレが少なくなるのでつけていて損はないでしょう。

このブレが制御できると思ったならば、ラピッドファイアで近距離を戦いやすくするのもいいと思います。

長所
高威力で、安定したブレ。
短所
リロードタイムが遅い。総点数が20発と少ない。


スポンサーリンク

BAR

COD:WW2が発売されて最初のアップデートが来るまで「壊れ武器」と言われた最強武器でした。

現在は弱体化のアップデートが施され、以前までの性能はないです。ですが、十分強い銃の部類に入ると思います。

ブレも大きくなく、連射速度も速い。威力も高め。高性能な銃で人気も高い銃です。

おすすめアタッチメント

拡張マガジン、グリップ、FMJ

BARの装填数は20発と少ないです。なので拡張マガジンをつけることによって継戦能力を高めています。

そして、グリップをつけるとよりブレが安定します。個人的にBARが一番グリップをつけたときのブレ軽減が伝わってきたと感じました。グリップをつけるとより真ん中にブレが集中してとても当てやすくなりました。

FMJをつけた理由として、BARにFMJをつけて戦うとヘッドショットで倒す回数が体感的に増えました。安定したブレと、早い連射力との相性がヘッドショットを狙うという点ですごく相性がいいのだと思いました。

長所
連射速度は早く、なおかつブレもほぼ真ん中に集中しているので扱いやすい。威力も高め。
短所
装填数が少ないので継戦能力が低い。

SVT-40

M1ガーランドに比べれば連射速度は落ちますが、その分射程距離が長い単発銃。ある程度の距離は2発で倒せるところが魅力の銃です。M1ガーランドとSVT-40で好みの差が出てきそうです。

筆者はこちらのSVT-40のほうが好きです。

おすすめアタッチメント

グリップ・拡張マガジン・アドバンスライフル

グリップをつけると最初の2発前後が安定して飛ぶような印象を受けました。ブレは真上に行くので慣れれば扱いやすくなりますが、最初のうちは反動の大きさに苦戦すると思います。なので扱いづらいと思った方はグリップをつけるといいと思います。

また、この武器はリロードが遅いので拡張マガジンを取り付けました。

そして、アドバンスライフルをつけるとほぼ全距離2発という驚異的なパワーを持ちます。真上にぶれた後も2発目を打つ時には元の位置に戻っていることがあるので安心して連射できるのもこの銃のいいところです。

長所
ほとんどの距離が2発で倒せるという威力。連射速度が遅いが故のブレの扱いやすさ。
短所
連射速度が単発銃の中でも1番遅い。リロードが遅い。

自分好みのアタッチメントを考えるために注意したこと

各武器の最後に長所と短所を書きました。その長所を伸ばすのか、短所を補うのかでアタッチメントの付け方が変わっていくと思います。

それぞれ自分がどのような立ち回りにするのかを考えてみると...

  • 近、中、遠距離。どの距離で戦うことが多いのか?
  • この武器のブレは自分で扱いやすいのか、扱いにくいのか。

この2つが大きくアタッチメントを考えるうえで大切になってくるポイントだと思います。

「ん~どのアタッチメントつけよっかなぁ…」って考えているときも楽しいので、皆さんも皆さんなりのアタッチメントを考えてみてください。よければコメントなどでも皆さんに共有していただけると幸いです。

それではっ!

【COD:WW2】FPSゲーマーが紹介するおすすめアタッチメント【サブマシンガン編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です