【レビュー】コスパ最強の最新ワイヤレスイヤホン『T110BT』は音質がとてもよかった【評価】

2017年10月20日にオーディオメーカー『HARMAN』から新発売されたBluetoothイヤホン「T110BT」。

以前までは5000円以上するのが当たり前だったワイヤレスイヤホンもこの値段まで下げることができ、ちゃんとしたメーカーが発売しているので驚きといったところです。

その「T110BT」をレビューしていきたいと思います。

内容物

  1. ワイヤレスイヤホン本体
  2. 注意事項書(日本語訳あり)
  3. 保障規定などが書かれている説明書
  4. 本体の取扱説明書
  5. イヤーチップ(S,M,L)
  6. 充電用ケーブル

ケースはついていませんが、別途購入可能です。専用ケースではモバイルバッテリー付きです。

ペアリングなどの使いやすさ

使用端末はiPhone 7です。

問題なくスムーズにペアリングできました。

ペアリングした際、iPhone7 iOS11だと上のステータスバーにイヤホン本体の電池残量がわかるようになっているところが便利だと思いました。

JBLサウンドをワイヤレスイヤホンで聞く

▼イヤホン本体に印字されているJBLの文字▼

音質について触れていきたいですが、この製品は「JBLサウンド」というものが採用されているようです。

私もこのサウンドは初めて知ったので調べてみると「ボーカルが目の前で歌っているような迫真性に重点を当てたサウンド」と簡単に書かれていました。

映画館のスピーカーはほとんどこの「JBLサウンド」を使用しているようです。

実際このイヤホンでその「迫真性」というものはあまり感じられませんでした。ここはBlutoothイヤホンだからというものがあるのでしょうか。

しかし、1番最初の単純な感想として「ボーカルの声はきれいに聞こえやすく、シャリシャリとしたサウンドだな」という感想です。

Amazonのレビューにも書いてありましたが、シャリシャリしたサウンドであるので低音はあまり迫力がない印象です。なので低音を重視している方、もしくは今持っているイヤホンが低音よりな人は少し物足りなさを感じるかもしれません。

逆を言うと、ボーカルの声を重視し、低音を聴き続けると疲れてしまう。長時間音楽を聴き続ける人には向いていると思いました。

しかし、総じて言えるのはこの値段でこの音質はとても他のワイヤレスイヤホンではないと思いました。

私の満足度としては95点です。この値段でこれだけの音質であればとても満足です。なんといっても高コスパ。

首掛けスタイルのワイヤレスイヤホン

このワイヤレスイヤホンは首掛けスタイルなのでケーブルがこすれる音がすごく購入する点で重要だと思います。

この点に関しては全くケーブルがこすれる音はしませんでした。

コードは平べったい形状で、少し硬めにできていると思います。(iPhone純正のイヤホンと比較して)

首にかけた時のスタイルとしてコードが硬めにできているせいか、若干コードがぐにゃぐにゃになっています。

2,3日使用しているとコードの硬さも少し落ち着いて、シルエットもいい感じになったので問題なしです。

良いと思った点

▼首にかけたとき▼

左にバッテリー、右に操作ボタンをもって来たことによって自然なスタイルとなっていていいなと感じました。

また、マグネットがイヤホン部分に内蔵してあるので二つがくっついてネックレスのようになります。

ここはそのままの状態だと二つがバラバラに動き出し、歩いている最中邪魔になってしまうのを防いでるのでとてもいい。

聴いていて疲れない!

音質と、このイヤホン自体が軽くできているのが理由で音楽を長時間聴いていても疲れることはありませんでした。

私の聴く音楽のジャンルとしてはロックが多いのですが、シャリシャリとした音のおかげで聴き疲れはないと感じました。

首掛けスタイルとイヤホンが軽いので耳にイヤホンが下がっているという感覚はあまりなく、この価格でこの安定感はすごいなと思います。

おすすめする購入者

  • 低価格でいい音質を求める方。(低音重視ではない人向け)
  • 首掛けスタイルのワイヤレスイヤホンを求める方。

この2点でワイヤレスイヤホンを探している方ならこのイヤホンはとっておきだと思います。

個人的このイヤホンの評価
高音の良さ
(5.0)
低音の良さ
(3.5)
迫力
(4.5)
遮音性
(4.5)
満足度(総合評価)
(4.0)